• ホーム
  • ジネット35の副作用はほとんどなく安心して服用することができます

ジネット35の副作用はほとんどなく安心して服用することができます

黄色のカプセルとすり鉢

ジネット35の副作用として挙げられる症状の1つが頭痛及び悪心です。これはジネット35を飲むことにより、全身のホルモンバランスが変化することでその変化に適応する上で若干の体調不良が現れることがあります。それが頭痛や悪心であり、新しいホルモンバランスに体が慣れることによって頭痛や悪心といった症状は治まっていきます。もしも、服用からしばらく経っても副作用が治まる気配がないときには、一度服用を中断して様子を見ることが重要となります。副作用としての頭痛や悪心はそれほど大きな症状になることがほとんどありません。安心して使用しやすい薬と言えるでしょう。

ジネット35を飲むことによって不正子宮出血が発生することもあります。これも副作用の1つであり、体内の女性ホルモンが男性ホルモンに比べて大幅に優位となることで起こります。女性ホルモンの量に体が適応していくにつれて、不正子宮出血が発生することはなくなっていきます。これは他の副作用についても同じことが言えます。ジネット35は効果を発揮した後に肝臓にて代謝される仕組みになっています。それゆえに服用前と服用後では肝臓への負担が変わります。

肝臓の調子に問題がなければ、服用後であってもそれほど大きな影響は出ません。しかしながら、日ごろから肝臓の調子が悪いという場合には服用後に影響が大きくなってしまうことがあります。肝機能異常を抱えている場合は服用するかどうかを医師に相談するようにしましょう。服用中に検査を受けて状態を確認しておくことも大切です。

フランスでは血栓症のリスクが指摘されています。日本では報告がされていないのでそれほど不安になる必要はありませんが、これまでに血栓症を発症したことがある場合には留意しておくようにしましょう。ジネット35の服用後に足の痛みやしびれ、視覚の違和感などが発生した場合には、血栓症を発症している可能性があります。その際には医療機関で診断を受けることが大切です。

ジネット35を服用するとその成分が血流にのって運ばれていきます。高血圧症の患者さんはそのことが負担になることもあります。不安がある場合には血液検査を事前に受けて、問題なく使用できるか確認することが重要となります。心疾患、ポルフィリン症、テタニーなどの持病がある場合にも副作用が大きくなってしまう可能性があります。ジネット35はC型慢性肝炎との併用をすることが出来ません。