• ホーム
  • ジネット35は高い避妊効果を発揮することができ身体にも安全・安心です

ジネット35は高い避妊効果を発揮することができ身体にも安全・安心です

カプセルが乗っているスプーン

ジネット35はダイアン35のジェネリック医薬品であり、ダイアン35と同様にインドのシプラ社によって製造販売がされています。ジネット35には酢酸シプロテロンが配合されており、この成分には男性ホルモンの作用を抑える働きがあります。そこに卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールを組み合わせたのがジネット35の特徴です。排卵の抑制や受精卵の着床阻害による避妊効果を持っており、継続的に服用することによってほぼ100%に違い避妊確率を確保することが出来ます。ジネット35は避妊以外にも、ニキビや吹き出物への効果を持っています。

ジネット35は1相性ピルと呼ばれており、1シートの21錠分を毎日服用します。22日目からは7日間服用を中断する必要があります。このサイクルを続けることによって効果が持続します。ジネット35は妊娠を望まない方、副作用の少ないピルが飲みたいという方、生理痛で悩んでいる方などにうってつけの医薬品です。この医薬品を飲むと皮脂腺の余分な発達の原因となる男性ホルモンの過剰分泌が抑制され、吹き出物などが出来にくくなります。ニキビに対する効果は3か月ほどで現れることが多く、そこからさらに9か月飲み続ければ重度のニキビの改善も期待できるようになっていきます。避妊効果については1週間ほどで現れ、その後飲み続けることで維持することが出来ます。

飲むタイミングを調整することによって生理のタイミングをコントロールできるのも、この医薬品の特徴です。生理の到来を早くしたい方の場合には服用期間を減らすことが有効ですが、服用に空白が出来てしまうとその時に妊娠する可能性があるので注意しておきましょう。ジネット35を飲み忘れてから12時間以上が経過すると、避妊効果が薄れてしまうことになります。その場合には他の手段で避妊する必要があります。男性ホルモンに起因する多毛症を改善したい場合にもこの医薬品は有効です。1日に1回飲むだけなので服用の負担もそれほどありません。

フェイスラインやあごに出来るニキビの中には男性ホルモンが関係しているものが多く存在し、その治療においてジネット35はよく使用されます。どのような用途で飲むにしても1日1回という服用回数は変わりません。ただし、飲み忘れてしまった時の影響が異なります。ニキビ対策として飲んでいる場合には1度飲み忘れたとしても、すぐに効能を復活させることが十分に可能となっています。